FC2ブログ

高校登山部のはなし 1年生の夏合宿②光岳のはなし

 10,2014 17:54


光岳のはなし



前日の塩入りオレンジジュースからも立ち直り、2時起床4時出発で光岳にむかう。

往復なのでサブザックに水と食料、雨具とヘッドランプくらいの重さなので足取りは軽い。

事前の先生からのレクチャーで、このコースはヒルが出るからね~と脅かされていたので、
上から落ちてきたらどうしよう、とか、気付いたら足についてたらどうしようとかちょっとドキドキ。



長い長い長い長い・・・尾根歩き。

南アルプスの原生林だったんだね、今思えば。
欝蒼としてるけど、足元は暗くない…というか、とにかく、あの雰囲気。


どれくらい歩いただろう
明るく開けたセンジガ原、ずいぶん雰囲気が違うな~
亀甲状土?ん、これのこと?
などとワイワイ進んでいくと。


光岳山頂。


ハイマツが自生する南限の山。
南アルプスの一番、南。


光岳の山頂は木も茂っててあまり感激みたいなのは無かったっけ。

でも、先生の提案で事前に作って用意していった木のプレートを山頂の木にくくりつけてきた。

    ○○高校登山部
      光岳登頂

あと日付けとか何とか、、、名前も入れたっけかな~。

もう多分跡かたも無いだろうけど、そんな思い出は確実に残るんだね。



それと
この時の合宿の光景は先生が8ミリに撮っていて、
後日、部員達で編集して合宿の記録映像として文化祭で流した、なんてことも。

で、光岳のあたりの光景のBGMに使ったのが
The Beatles の Here comes the sun 。

だから今でもこの曲を聴くとあのあたりの映像が浮かんでくる。ギターのメロディーとともに。



光岳。
ちょっとすてきな名前の山は意外に地味目で、アルプスという雰囲気からは少し離れた感じ。

後日、百名山ブームとなって、
注目を浴びるようになってしまったのが良いか悪いかは別にして、
この山の山頂に立つためだけに行くのであれば、

それはかなり勿体無いな…

それが私の感想。




帰りも同じ道を歩いて、テン場に戻ったのは確か16時くらいだったか。

この後の記憶が少し曖昧で、
台風が接近してきていたことは確かだけど、
次の日は停滞だったか、
雨と風に打たれながら聖平まで行ったのかどっちだったか覚えていない。

結構な風雨の中を稜線歩いていた断片的な記憶だけ。だから聖平で停滞したのかもしれない。


でも雨に打たれたのはその時だけで
聖岳に登る日から下山するまでに私が見た光景は。



( つづく )



DSC09795+(1)_convert_20141110173109.jpg
間ノ岳から見る南部の山




関連記事

Comment 2

2014.11.15
Sat
22:43

sorano #-

URL

しまこさん、高校生の時から登山をされていたのですね♪
高校で登山部があるって凄ーい\(◎o◎)/

編集 | 返信 | 
2014.11.16
Sun
17:25

しまこ #-

URL

soranoさん♪

そうなんですよ~私の山の原点。

そうですね、高校だとどこにでもはないですよね。
うちの高校は創立時からあって、
その時から面倒見てくれてた顧問の先生のおかげデス(^^)

編集 | 返信 | 

Latest Posts -