FC2ブログ

 18,2018 荒船山・鼻曲山  2018 11/23・24  ④ READ MORE

 14,2018 荒船山・鼻曲山  2018 11/23・24  ③ READ MORE

 11,2018 荒船山・鼻曲山  2018 11/23・24  ② READ MORE

 09,2018 荒船山・鼻曲山  2018 11/23・24  ① READ MORE

 09,2018 雨飾山  2018 10/21  ③ READ MORE

welcome-image-photo
葉を落として冬枯れの明るい山。この辺りかな、、去年、撤退した場所は。あの時、背の高さまであるくらい笹に覆われた道だったけれどその時の笹は見渡す限りに何十年かに一度しか咲かないという花が咲いていて花が咲くと枯れるという言葉通りに葉を落として細い茎だけがみっしりと天に向かって伸びているだけの姿になっていた。その先の道は見た目よりもなかなか手強くて落ち葉に隠れたトラバースの斜面はズルズルと崩れていき切れ...
寒さと引き換えに楽しむ白と青の空間。静かな山頂。山頂から下り星尾峠で冷えた身体を温める。カップ麺をおなかに満たして落ち着いたら陽だまりの中で山頂デザートを。まるで古い映画のタイトルみたいなほとんどジャケ買いしてしまった『ReD VeLveT』 は珈琲ともよく合ってとても美味だった。経塚山を往復してきた時間の経過はあの、プラチナ色の並木道を冬枯れの明るいけれど寂しい、ただの山道に戻してしまっていてそれは0時を過...
・・・キラキラヒカル・・展望台の正面には11月も終わりだというのにまったく雪がついていない浅間山。明日歩く鼻曲山方面も明るく開けて見えている。展望台に設置された山名盤には荒船山頂、と刻まれているけれどいわゆる山頂標識はここにはないんだね。なだらかな道を艫岩から奥に進んでいくとうわぁ・・・雲が去ってクリアになった青い空の下で輝く霧氷にちっとも前に進めない。それはクリスマスの表参道や丸の内のイルミネーシ...
三連休。しかも金曜日からの。そして天気も悪くない。朝5時の地元出発は春先から夏までならもう陽がかなり高くなっていてこんなに明るくなってから山に出発なんて…と少し後ろめたくもなるけれどこの季節は5時といってもいつになったら朝が来るのかと思ってしまう。藤岡から関越と別れて妙義が見えて来る頃には朝の光と青空に包まれたけれど荒船山の上だけはそこが風の通り道だと示すように雲がかかり続けている。木の葉の落ちた上...
どこを見ても見上げても見下ろしても秋の色、秋の空気が包んでくれる。こんなに明るく輝く秋の森の色に染まりながら。あゝ、下りてきてしまったね。振り返ると山頂方面は雲に覆われて太陽が隠れてしまうとツンとした寒さに上着を着込んで・・・おつかれさまでした!路上駐車の車の列もぽつぽつすき間が空いてきてひと通り帰り支度をするけれどどうせこのまま帰っても高速は渋滞だから鎌池にも寄ってゆっくり帰ろうか。こちらも観光...